スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BARAGA鬼

2009年04月25日 13:29

20090425132914


■Z団 第7回公演「BARAGA鬼」
 会場:全労済ホール・スペースゼロ

4月25日のマチネを観て来ました。
新選組の土方歳三が主人公のお話です。

かなり脚色が加えられつつも
大まかな出来事の流れは史実に沿っていてわかりやすく、
3時間近くの長丁場でしたが、最後までスピード感が落ちることなく
観ることができて、とても良かったです!

お話としては、史実をふまえているので
結末がわかっているだけに、進むにつれ切なくなっていくのですよね…
オリジナルキャラを交えての話も、最後に行くにつれ
展開が読めて来て、わかってはいるんですが泣かされました。
(子供をからめた話は本当弱いです…(涙)

しかし切なく重いばかりじゃなく、コミカルなシーンもたくさんありました。
笑いとシリアスのバランスが、私的には絶妙な塩梅でツボ突かれまくり(^^)
いやぁ好きだなーあの感じvv
原田左之助@植木誠さんと永倉新八@小島裕さんのコンビには、
出てくるたびに癒されましたー
ストーリーが展開している舞台中央からちょっと外れて、
横っちょで小ネタをやってるのがもう可笑しくて仕方なかったですw


しかし土方さんがものごっつ格好良かった…
主人公ですしそこが肝心要なところなので
役柄としても当然といえば当然なのですが、
演じてらっしゃる根本さんが本当格好良かったです。
声まで端正なんだもんなー…おそるべしイケメンw
スポンサーサイト

オズの西遊記

2009年02月16日 23:01

発表になりましたねー!
朗読劇ですよーっv

■オズの西遊記
 http://showmans.co.jp/oz/

サイトに行ったら出演者の皆さんの写真が(^^)
大橋さんは「ライオンの八戒」役とのことで。
わーすごい上の方に名前が…!!vv

イラストを見たら、大橋さんの役は、ふわふわ金髪でワイルド系なおにいさん…?
持ってるのは武器っぽいけど、よく見たらマイクスタンド…??
ライブハウスでマイクって言ったら、、、もしかして…?
そして、普段やらない役どころ とのことで。
もういろいろ想像が駆け巡ってたいへんなことに(笑)
大橋さんのお芝居がまた見られるなんて、もう嬉しくて仕方ないですvv

どんな内容なんだろうー(^^)
モチーフになっていると思われる、オズの魔法使いも西遊記も
あまりに有名ですが、それが混ざったらどうなるのか、想像つきませんw

公演日程、第一回が関西ライブ2daysの翌日ってことで…
つまりは連休3連荘。
今回もドタバタてんやわんやな遠征になりそうです(笑)
楽しみ楽しみvv

観劇2連荘

2009年02月12日 12:07

先週土日は観劇三昧でしたー
ベクトルの違う2作品でどちらも面白かったです(^^)


■2月8日(土)
 NODA・MAP 第14回公演「パイパー」

今回、前知識を全く入れずに観たのですが
最初、設定がもろにSFだったのにちょっと驚きましたw

今まで、手作り感のあるアナログな質感の舞台装置が多かったように思うのですが、
今回は、無機質な質感のものやデジタルな映像も効果的に使われていました。
少人数で進んでいく密室劇と、大人数でダイナミックに展開する群衆シーンの
対比も面白かったです。

軽妙に始まり、テンポよく進みつつも
徐々に明らかになっていくテーマはやはり、重く一筋縄で行かないもので
ラストに向けて一気に集約して行くストーリーにぞくぞくしました。
お話の根幹を担う、松たか子さん・宮沢りえさん・橋爪功さんの3人が
やはりすごかった…
ラスト近くの、松さん・宮沢さんの長台詞は圧巻でした。
言葉だけで紡がれる絶望の風景。
台詞のみなのに、脳裏に浮かぶ情景が生々しすぎて指先冷たくなりました。

最後、わずかに希望が見える終わり方で救われました…
色々なテーマが描かれてましたが、どれも深いー
しばらくぐるぐるしそうです。

…あと、もらったフライヤーの中に
「ダイバー」日本語版やるっていうのがあったんですけど…!
み、観たい…


■2月9日(日)
 演劇集団T-BORN 第二回リーディングシアター「トンボの眼」

遠近さんがスペシャルゲストで参加されるとのことで。
ブログの告知で知ったのですが、会場がもろに地元でびっくり!
これは参加せねばなるまい、ということで昼の部に行ってきましたー

リーディングシアターってどんなだろうと思ったのですが。
OP・ED曲や挿入歌があって、役者のお一人でもある
林勇さんが生歌を披露されたり。
背景やアニメ絵のキャラクター立ち絵が場面に合わせて映されて、
ゲーム画面にアフレコしてるような雰囲気だったり、という感じでした。

お話は、現代にいた男の子が異世界に飛ばされて…
という王道ファンタジー。
世界観やキャラの裏設定も細かく決められているようで、
登場人物も多かったのですが
一時間半という枠に収めるためか、ストーリー飛ばし気味なのが
ちょっともったいなかったかなと…
3部作にしても良いんじゃないかと思うくらいでしたw
役者の皆さんの演技は素晴らしかったです!
戦闘シーンなど声のみでも迫力満点でした(^^)

終演後は役者さんたちがロビーに出てきて下さってました。
遠近さんと少しお話できて嬉しかったですーv
「良い役があるので『やって』みませんか、と言われて参加
したんだけど、僕の役『やられ』ちゃいましたね~」
とにこやかにおっしゃってました(笑)
やっぱりチャーミングな方だなぁ(^^)

帰ったらばたんきゅーでしたが充実した週末でしたv

GOLDEN TRASH

2008年03月09日 00:46

シアターグリーン BOX in BOXで公演中のお芝居観に行ってきました。「GOLDEN TRASH」GROOVEY MAX第1回公演です。

ギターママのライブでもらったチラシの中にこの公演のもあったんですよね。植木誠さん、安部慎二郎さんがご出演とのことで、気になっていたのでした。

お芝居は、荒削りな所もあったけど面白かったです(^^)
高校生の、部活をめぐる一年間の青春群像劇って感じでした。
植木さんは、バカのつくくらい野球一筋な、ノリの良い野球部キャプテン3年生。
安部さんは、ちょっと影のあるキーパーソンな1年生。
他にも、サッカー部の部長と部員たち、弱小バスケ部のキャプテン、
一人でプロレスやってる子、東大医学部目指してる生徒会長と、
色々濃いキャラ満載で、誰が主人公と決めることなくドタバタと…という感じ。
あと、「HUE楽LIST」というダンスユニットがダンス部として出てきましたが、
殆ど話には関わることなく、場面転換の時インターバル的にダンスを披露してました。
(ダンスってだけで大橋さん思い出してちょっと頬がゆるんでたのは内緒☆←バカ)

前に同じ場所で演っていた「リバースヒストリカ」というお芝居と
キャストの方が何人かかぶっていて、それにちなんだネタが出てきたり。
とりあえず、「めざし」に爆笑しましたww
あれって、両方みてないとわかんないんじゃないかなと…w
リバースヒストリカは、違うユニット(?)で再演されるそうなので、
その前振りもあったのかな?

お話は高校生たちの成長物語、って感じで、観終わった後は爽やかな印象でした。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。